エコ

事業場における節電対策

デマンドコントロールシステムは最大デマンドを抑制することによって、基本料金を下げて事業場での節電対策システムです。設定デマンドを超えた時に電気機器を制御することになりますが、制御方法には手動と自動の2つの方式があります。

電気料金を抑える方法

電力自由化

電力会社の見直を行う

毎日の生活では電気やガスそして水道などの公共施設を利用しています。この中で電力は家庭内の様々な電化製品で使用されていまして、例えば冷蔵庫や洗濯機、室内の照明などがあげられます。また従来はガスを用いていた調理器具や給湯器などもオール電化によって電力を使用する機器に置換わるなどして電力使用量が増えています。最近では電力自由化により電力会社を自ら選定する事が可能となり、電気料金を見直して安くすることが出来ます。この電力自由化で民間企業が太陽光発電や風量発電など自然の力を利用して作り出した電力を供給する事や、或いは企業が生産活動を行う際に作り出した余剰電力などを利用してゆく事が可能となっています。電力自由化の流れを受けて従来の電力会社においては、会員登録を行いますとポイントの付与を行ったり、電力使用量に応じて一定の割引を実施するなどサービスを実施しています。電力供給会社によって発電方法や付帯サービスなどに特徴を持たせていますので、電気の新規契約や契約見直しを行う際には各社の比較を行う事が大切です。この際に利用がお勧めなのは人気ランキングサイトや比較サイトです。ここでは地域毎に電力自由化で選択出来る会社の種類をはじめ、電力の契約内容に応じて各社の電力料金をシミュレーションできます。また発電方法や契約者数などを比較しながら検討を進める事も可能です。これらの比較を通じて電気料金を見直す事が大切です。

太陽光発電

緊急時のエネルギー供給法

再生可能エネルギーシステムは、二酸化炭素の排出がほとんど無く、非常用電源としての利便性が高いという点が非常に魅力的です。特に、太陽光発電は、一般家庭向けに広く普及していますが、気象条件の影響で供給量が安定しない点はマイナス要素です。しかし、非常用電源としての役割は十分に果たせます。

コンセント

コスト削減のために

電力自由化により、様々な企業と電力サービスの契約ができるようになりました。サービスを組み合わせることで、全体のコストを節約できるため非常に人気を集めています。まずは比較サイトなどから情報を集めてみましょう。

ECO

電力需要を調整して省エネ

デマンドコントロールはご家庭ごとの最大電力需要を設定して、それを超えないように電力使用量をコントロールし省エネや電気代の節約を目指せるシステムです。最大デマンドに迫るとアラームで警告し、手動制御や自動制御を促します。

ソーラーパネル

震災時の電源に有効

再生可能エネルギーシステムは、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを利用したシステムです。災害発生時の停電に強みがあったり、ピークカットやピークシフトに優れている点でも強みを持っています。商用ビルや工場設備などで、停電が発生すると不都合な箇所で導入されることが多いです。