緊急時のエネルギー供給法

太陽光発電

環境性に優れたエネルギー

現状では、日常的に安定した供給を果たすまでには至っていませんが、再生可能エネルギーは、二酸化炭素をほとんど排出しないことから、地球環境に非常に優しく、緊急時や一時的な利用であれば、十分に実用性が備わっています。再生可能エネルギーとして、太陽光、太陽熱、風力、水力、バイオマス等が挙げられますが、各企業では、独自に再生可能エネルギーシステムを構築し、将来的なエネルギーの安定供給を目指した取り組みが行われています。現在、再生可能エネルギーシステムの中で最も広く普及しているのは、太陽光発電です。太陽光発電のエネルギー源は太陽光なので、どの地域にも設置可能なシステムです。しかし、エネルギー供給量が気象条件に左右されてしまいますので、基本的には、非常用電源としての役割が中心となります。再生可能エネルギーシステムを安定供給型として成長させる為には、複数の再生可能エネルギーを組み合わせることが必要です。企業の中には、太陽光、燃料電池、風力を組み合わせることで、無停電で電力供給可能なシステムを構築しているところがあります。このような再生可能エネルギーシステムを一般家庭まで普及させる為には、大幅なコストダウンを図る必要がありますので、現状では、一般企業向けの商用システムとして位置付けられています。このように、現在の再生可能エネルギーシステムは、一般家庭において、メインで電力を確保するには不十分ですが、大規模な事故や災害による影響で電力が途絶えた場合、太陽光発電は大いに役立ちます。