震災時の電源に有効

ソーラーパネル

商用電源と併用可能

再生可能エネルギーシステムは、従来の商用電源以外に再生可能エネルギーである太陽光発電・風力発電・燃料電池を組み合わせたエネルギーシステムで、震災時の停電に強みを持っています。メインとなる機器には需給管理装置が存在し、商用電源とインバーターを並列に備え通常時は商用電源から電源をとり、停電発生時にはインバーターによる蓄電池から給電するシステムとなります。再生可能エネルギーシステムの魅力は、太陽光や風力などの分散型電源を大いに活用することで、ピークカットやピークシフトの形でランニングコストを抑制する点がメリットです。また再生可能エネルギーシステムを導入しておけば、緊急時でも電源を損ねない状態にできるため、混乱を招くこともなく、電源を使用することもできます。震災時には電気のインフラ設備が壊滅的なダメージを受けるケースが多く、その復旧まで時間がかかることも多いです。復旧までの繋ぎの電源としても確保することがメリットになります。再生可能エネルギーシステム設備の中でも一番の特徴は、蓄電池を搭載していることで、太陽光や風力などで発電した電気を電池に蓄えておくことが可能です。通常時には電気自動車に電気を蓄えて置き、緊急時で電力を必要とするときは、自動車からの放電を可能とするシステムを構築している点も見られます。再生可能エネルギーシステムは、主に商業用に用いられることも多いシステムで、商業ビルを始め工場・プラント設備といった場所で活用されます。電力の安定供給を実現する上でも優れており、無停電化を推進できるシステムです。